東京都社会保険労務士会 葛飾支部  
 
 
 
〒125-0061 東京都葛飾区亀有2-24-9-103
電話:03-6662-4714 FAX:03-6662-4715
 
ご 挨 拶


支部長就任のご挨拶(2015年6月)
葛飾支部ホームページ開設にあたって支部長(当時)ご挨拶(2000年5月)
 
 
<葛飾支部長就任ご挨拶(2015年6月)>
疋田支部長

東京都社会保険労務士会
 葛飾支部 支部長
  疋田 秀裕
 平成27年度より齊藤充弘前支部長からバトンを引き継ぎました疋田秀裕と申します。
歴代の葛飾支部長が偉大であるだけに、私に第7代目の支部長が務まるのか、 正直プレッシャーを感じておりますが、葛飾支部会員皆様のご協力を仰ぎながら乗り切っていこうと思います。
さて、葛飾支部では諸先輩方が築き上げてこられた数多くの事業をもとに活発に活動しております。その代表的な事業が毎月第二水曜日に開催しております二水会という研修会です。 また、二水会の後には懇親会を開催し、会員相互の懇親を図っております。
行政とも良好な関係を築いております。葛飾年金事務所においては、年金相談の受付及び窓口に会員を業務派遣し、算定基礎届提出時には相談コーナーを設置しております。 向島労働基準監督署においては、臨時労働保険指導員を派遣して労働保険年度更新の申告書受理を担当しております。 また、墨田公共職業安定所においては、年に二回の意見交換会を開催して情報の共有を図っております。
葛飾区においては、平成25年度よりスタートした労働環境モニタリング事業を通して、指定管理者の労務管理の改善と労働者の福祉の向上に寄与しております。 さらに、今年度は高等学校において学校教育の一環として労働法の授業を実施する予定です。
この平成27年という年は、日本の社会保障制度を考える上で大きな転換点となるかもしれません。 10月には個人番号(マイナンバー)の付番が開始され、労働社会保険諸法令に基づく手続き業務を行っていく上で大きな影響がもたらされるでしょう。 そのような社会の変革期においても、我々社会保険労務士が企業や労働者のお役に立てるように、ここ葛飾区から会員一同の総力を結集して情報発信していこうと考えております。
どうぞ、今後とも葛飾支部を宜しくお願い申し上げます。
平成27年6月1日

先頭に戻る


<ホームページ開設に当たって 葛飾支部長(当時)ご挨拶(2000年5月)>
柴山元支部長

東京都社会保険労務士会
 葛飾支部 支部長(HP開設当時)
  柴山 繁夫
 「葛飾は柴又の生まれよ。 帝釈天で産湯を使い・・・・・」で有名なフーテンの寅さんの生まれ故郷「葛飾」が私達のホームグラウンドです。
 東京都社会保険労務士会22支部の一つとして、行政協力に・東京会活動に・そして各自の業務推進に、総員115名余りがチームワークよろしきを得て、活発な行動と積極的な協力を行っています。
 情報技術、いわゆる「I・T」の急速な発展と広範囲に渡る普及は、今、まさに「時は金なり」の時代へと変貌させました。 一方、私達社会保険労務士を取り巻く政治的・社会的環境、は大きく急激に変化しつつあると共に、厳しさを増しています。 「ピンチはチャンス」とも言われています。 この様な状況下にあって、私達社会保険労務士自身も、得意分野の専門性の向上と自己革新が一番必要なこととなっています。 諸届・申請業務等の業務合理化、労働問題への積極的な参画、規制改革に伴う関連業務への正式参入等々、支部会員相互の適時適切な情報交換と諸資料の共有は最大限に求められて参ります。  さらに、顧問先企業を始め、地元葛飾区民への的確なる情報の伝達は、社会的使命でもあります。
労務管理全般のコンサルタントとして、労働・社会保険全般の諸手続において、行政と顧問先企業のパイプ役として、その専門性においても頼れる、親しみある相談相手としても、私達社会保険労務士に寄せられる期待は、益々大きくなって参りましょう。
 以上のことを念頭に、この度、ホームページを開設いたす事となりました。 タイムリーな情報提供のためガイドラインを設け、その範囲内での管理責任をWebマスタに一任すると共に、コンテンツの充実も図って参ります。
会員の皆さん!「利用しやすい、頼りになるホームページ」に育てるよう全面的なご協力を切望します。
 最後に、このホームページにアクセスされた諸兄姉に感謝申し上げると共に、各企業の事業主の方々や地元葛飾区民を始め国民の皆様の、私共社会保険労務士に寄せられるご期待に添うべく、今後とも日夜研鑽に努める事をお誓い申し上げ、ご挨拶と致します。

2000年5月吉日
先頭に戻る